TAKESHIS'TAKESHIS'
(2006/04/07)
ビートたけし京野ことみ

映画の詳細を見る



 前評通りというか北野監督の狙い通りというか本当に変な映画だったなという感想。大スターのビートたけしと役者を目指す売れない北野武が出会ったことで現実と空想・夢が交錯して~という構成はいかにも自分好みのストーリーである。

 ただあまりに手がかりが少なく、展開が飛びすぎ、北野監督の過去の作品を未見でパロディが分からないせいか、どうにもこの作品を紐解くような探求心・好奇心が生まれなかったのだ。

 この部類の作品として「マルホランド・ドライブ」が挙げられる。マルホは理解←→意味不明、心地良い←→気持ち悪いの間を見事に行き来し、それをエンターテイメントとして成立させている稀な作品だった。

 今作もその意図や狙いは近いものがあるようにも思える。ある雑誌に「TAKESHIS'」は数年後に再評価されるのでは、というインタビューが載っていた。全体を通じての意味やメッセージ性は理解できなかったが個々にインパクトのあるシーンは多い、もしかしたら何年か後にふと観たくなる面白さを感じる瞬間が訪れるかもしれない。


■関連作品■
監督・ばんざい! ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック