容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD]容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD]
(2012/10/05)
ホアキン・フェニックス、アントニー・ラングドン 他

映画の詳細を見る



お金をかけた、壮大な嘘。


 それは突然の発表だった。ホアキン・フェニックスの俳優引退宣言、そしてラッパーへの転身は、当時ニュースとして日本でも騒がれたこと。…という一連の出来事は全て嘘だった。

 ホアキン・フェニックスといえば「グラディエーター」の憎き皇帝役、「サイン」の引退した野球選手の役などが真っ先に思い出される。また、兄がリバー・フェニックスということでも有名、その家系と風貌でどこか良家のお坊ちゃまイメージがあった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 そんな彼が俳優引退表明、そしてラッパーへ。その2年間に渡る壮大な嘘・モキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー)こそが「容疑者、ホアキン・フェニックス」である。私財を投げ打って奇行に走り、嘘を貫き通す。テレビのリアリティ番組を真に受けている、視聴者の存在に興味を持ったことが製作のきっかけとなったらしいが、嘘をついてまで何を主張したかったがはっきりとしない。ハリウッドセレブの虚無感を訴えたいのか、自分自身のイメージを払拭したいのか、その辺りのメッセージが届き難く、youtubeに投稿した悪ふざけ動画を鑑賞しているようだった。

 衝撃なのは娼婦を呼びつけ巨乳に顔を埋める姿や口淫を受ける様子、仲間にブチ切れられ糞便を喰らうシーンだが、これらも嘘や演出と思えば興醒めである。長時間に渡り情緒不安定な様を見せられるのは苦痛でしかない。

 これら一連の嘘で大バッシングを受けたホアキン・フェニックス。業界から総スカンを受けると思われたのだが、復帰作??の「ザ・マスター」でいきなりの高評価。「容疑者、ホアキン・フェニックス」の2年間の奇行が皮肉にも役者の幅を広げたのか??どちらにせよ、今後も彼の動向には注目していきたい。


■関連作品■
グラディ・エーター ★★★
サイン ★★★
ヴィレッジ ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック