フッテージ ★★

フッテージ [Blu-ray]フッテージ [Blu-ray]
(2013/10/02)
イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ 他

映画の詳細を見る



オカルトか 猟奇殺人か


 「フッテージ」の求心力は主演のイーサン・ホークにあったと断言してよい。彼のこれまでのフィルモグラフィーにホラー映画が無いことが信じられないくらいのはまり役だった。劇中のほとんどの舞台が引越し先の自宅内。出演者も主人公一家とその他何人か程度であり、本作はイーサン・ホークの独断場と表して問題ないもの。自分の成功のために家族を巻き込んでよいのか??犯罪ノンフィクション作家として掴む大きなネタとモラルの狭間で、憔悴していく過程を上手に体現していた。




*****以下、ネタばれ注意*****




 まず目を引くのは8mm映写機から流れる不気味な映像だ。この辺りはニコラス・ケイジの「8mm」や「リング」を想起させるもので、鮮明ではない画質のざらつき加減や手持ちカメラのぶれ具合などが余計に不安を煽るものとなっている。主人公一家のキャラクター描写と、これら8mmフィルムの内容を探るシークエンスを交互に、とても丁寧に積み上げているので、これはすごいサスペンスになると期待していた。…しかし中盤以降、イーサン・ホークが目を離した隙にパソコンの画面が勝手に動くなど、超常現象的なシーンが挿入され始めてから映画のイメージが変わっていく。

 要は「フッテージ」という作品に何を求めていたかと思う。「オカルトか(非科学・超常現象) 猟奇殺人か(サスペンス要素)」。個々が求める展開の相違で、本作の好みは大きく分かれそうである。(個人的に)前半は割と生真面目にサスペンスを積み重ねただけに、後半の展開がどうにも大雑把に観えてしまった。家族の和解もない、なかなかダークなオチ。「リング」と同じく止まらない呪いの連鎖、ここからどのような話に広げていくのか続編にも注目したい。邪神ブグールの格好をもっと怖くしてほしいかな。。。


■関連作品■
恋人までの距離/ビフォア・サンライズ ★★★★★
ビフォア・サンセット ★★★★★
ファーストフード・ネイション ★★★
その土曜日、7時58分 ★★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.