ウルヴァリン:SAMURAI 4枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]ウルヴァリン:SAMURAI 4枚組コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]
(2014/01/08)
ヒュー・ジャックマン、真田広之 他

映画の詳細を見る



日本人なら楽しめるor日本人だからこそ粗が目立つ


 「ウルヴァリン」スピンオフ第2弾の舞台は日本。原作コミックでもウルヴァリンは日本通の設定のため流れとして無理はない。しかしながら、日本が舞台だからこそ日本人が観たら粗が目立つのだ。その辺りの、いわゆるトンデモ描写を”楽しみながら突っ込めるか”、“冷静に批判してしまう”かで「ウルヴァリン:SAMURAI」の評価は分かれるだろう。以下、劇中で気になった突っ込み所を列挙してみた。




*****以下、ネタばれ注意*****




 -ここが変だよウルヴァリン-
・長崎から東京までを車で、まぁまぁの時間で移動している。(速過ぎる。)
・長崎の場面では薄着で夏っぽい日差しだが、何日間の物語なのに後半は一気に冬。外国製作陣の「こういう画がとりたい」という願望が矛盾を生み出す。
・増上寺の屋根に忍者がバレバレで行動している。全く隠密になっていない。
・お風呂でおばちゃん2人がウルヴァリンの体をデッキブラシで洗う(笑)日本にそういう文化はないが他の映画でもそういう画を観たことある気も…。
・走行中の新幹線の上(おそらく250km以上の速度)で、生身の人間が超絶ミュータントのウルヴァリンと互角に戦う。このヤクザこそ超人なのでは??ドスが新幹線の屋根に刺さったりもする。

 その他、パチンコ・ラブホテル・切腹・忍者・侍 etc…とにかく外国の人が感じる日本のカルチャーをこれでもかと詰め込んでおり、辟易もしながらも一定以上は楽しむことができた。しかしもっと問題なのは根本的に物語が分かり難いこと。特に忍者のハラダとDr.グリーン(ヴェスパー)の行動動機が不可解・不明過ぎており、勢いで話を進めている印象。時間をコンパクトにしてシンプルな逃亡劇にしても良いような。

 日本人キャストである、真田広之と福島リラの殺陣やアクションはスピーディーで格好いいのだが、主人公のウルヴァリンについては(過去のX-MEN作品でもそう)際立った見せ方がなくテンションが上がらない。シルバーサムライとヒュー・ジャックマンの一騎打ちも、もっと華のある別の演出があったと思う。大作映画で巨費を投じながらも、こみ上げるB級感。毎回違う下着姿で出演したジーン・グレイ、ファムケ・ヤンセンの熱演が何気に泣ける。


■関連作品■
X-MEN ★★★
X-MEN2 ★★★
X-MEN/ファイナル・デシジョン ★★★
X-MEN/ファースト・ジェネレーション ★★★
プレステージ ★★★★
ファウンテン/永遠につづく愛 ★

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック