アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
(2014/08/22)
アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン 他

映画の詳細を見る



スーパースケールの青春映画


 「茶目っ気のある、楽しい大作にしたいと思った」マーク・ウェブ監督の、この言葉が全てである。「アメイジング・スパイダーマン2」は巨費を投じた超大作ながら、とてもリラックして楽しめる映画だ。良く言えば、爽快・分かり易い。悪く言えば単純・浅い、といったところか。自分自身も鑑賞直後は、スパイダーマン(ピーター・パーカー)がチャラ過ぎるヴィラン(敵)の動機付けが弱い、など批判的に捉えたのだが、しかしこれこそがスパイダーマンの魅力では??と考えるようになったのである。

 そもそも主人公のピーター・パーカーは高校卒業したばかりのティーン。強大な力を持っていようと、難敵が出現しようと、悩みといえば自分や家族・恋人のことのみ。タイムズ・スクエアのビル群が壊れようが、街のエネルギー源である発電所が破壊されようが、そんなことはおかまいなしで良いのである。巨悪の根源はオズコープ社、スパイダーマンもヴィランも偶発的に力を手に入れた表裏一体の存在、その勧善懲悪さ、明快さが映画本来のエンターテイメント性を増幅させているのだ。

 鑑賞直後の斜に構えた視点は、やはり「ダークナイト」に起因したものである。同作は善と悪の存在意義を哲学的、現実的に描いたことで、アメコミ作品を大人の映画として昇華させた過去があった。直近の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」も物語に政治的な側面を持たせる等、悩ましいヒーローと社会問題の連動はハリウッド映画のトレンドである。しかし今作はその時流には便乗しなかった。正にDCコミック系、アイアンマン・ハルク等のアベンジャーズ系と袂を分かつ路線を進んで行くように思えたのだ。




*****以下、ネタばれ注意*****




 印象深いのはスパイダーマンと市民が一体となっている描写の多さだ。エレクトロを倒すシーンでは消防士の帽子を被り協力して放水、大勢の人が乗車するバスの横転を危機一髪で防ぐ、コスプレした子供との交流…と正に皆に必要とされる、人気者ヒーローの記号が林立している。これは市民からの賛辞を一切描かなかった「マン・オブ・スティール」とは実に対照的だ。

 不満点はラストシーンを予告編で流していること。ポスターではエレクトロ、グリーン・ゴブリン、ライノとの1対3のバトルをイメージさせるが実際はタイマン勝負だったこと。リチャード・パーカーの過去を冒頭に描き簡単に最期(もしかしたら最期ではないかも??)をばらしたこと。グウェン・ステイシーの顛末がそこまで悲劇的に映らなかったこと…それでも大都市をウェブスイングするスパイダーマンを観ればそんな欠所は忘れ、気分は高揚する。スーパースケールの青春映画として今後も駆け抜けて欲しいものだ。


■関連作品■
アメイジング・スパイダーマン ★★
(500)日のサマー ★★★
ソーシャル・ネットワーク ★★★
ホワイトハウス・ダウン ★★★
コラテラル ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック