サプライズ ★★

サプライズ [Blu-ray]サプライズ [Blu-ray]
(2014/04/16)
シャーニ・ヴィンソン、ニコラス・トゥッチ 他

映画の詳細を見る



観客・登場人物が感じるサプライズ


 予告編の印象ではホラーかと思っていたが、実際はスプラッター+サスペンス+コメディの融合。一言で表するなら実に”にぎやか”な映画である。R-15のレイティングで激しい残虐描写はあるものの、上質な映像と、繰り返される「Looking for the Magic」(Dwight Twilley )も相まって、スカッとする後味だ。

 本編では、両親の結婚35周年祝いに集まった家族10人を助けを呼べない状況で、別荘に閉じ込めておく必要がある。携帯電話の普及のせいでミステリー小説が成立しなくなったといわれる昨今。劇中ではジャマーなる電波妨害装置で、いとも簡単にそれらの端末使用を禁じたのは目新しい方法だった。劇中のように広範囲で妨害電波が効くのか怪しいところだが、今後ミステリー系の脚本で重宝されそうな小道具ではある。




*****以下、ネタばれ注意*****




 邦題は「サプライズ」。何がサプライズかと言えば犯人の正体ではなく、一般学生に思えた絶妙に華のないヒロイン(笑)が実は、ジェイソン・ボーン並の能力を持っていたことである。つまり観客が感じるサプライズというよりは、犯人グループが感じた不意打ち、サプライズという流れだ。

 しかし突っ込み所は多い。
・犯人グループが動物のお面を被る必要性→視界が制限されるし、仮に顔を見られたくないのであれば普通の目出し帽でよい。結局は「映画の画作りのため」の域を超えていない。
・殺人計画の無謀さ、意味のない行動→短いクロスボウで窓の外から7人を殺害しようとする計画が甘い。また壁に書く「You're Next」(次はお前だ)の血文字、猟奇殺人に見せるのであれば全員殺害した後でもよい。観客のミスリードを誘うほどのインパクトもなく必要性に欠ける。

 もっとも観客総意の突っ込みはヒロインの生い立ちである。父が妄想に憑りつかれ世界の資源が枯渇すると思い込み、1人でも生き残れるようにサバイバルキャンプで育ったというバックグラウンド。いや、そっちの方がむしろ映画向きだろ!!どんな風に育てればあんな能力が備わるのか、そのサバイバルキャンプを映像化した方がドラマチックではなかろうか。

 それでも、助けを呼びに走り出す娘が速攻でグエッとなる。(スローモーションで死亡フラグも立ちまくり)足に釘が刺さる他、弱小犯人グループはさながらホームアローン。脳天ミキサーと爆笑シーンは多い。色々こねくり回した末に犯行動機が、何の捻りもなく遺産相続に着陸すること、または若すぎる母親の容姿こそが本作1番のサプライズだったのかもしれない。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.