ローン・サバイバー ★★★

ローン・サバイバー [Blu-ray]ローン・サバイバー [Blu-ray]
(2014/09/02)
マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ 他

映画の詳細を見る



人は人を救いたいという本質


 アメリカ海軍の精鋭特殊部隊、ネイビーシールズが完全な敗北を喫する映画が「ローン・サバイバー」だ。実話ベースで特殊任務の失敗を描く作品として、真っ先に「ブラックホーク・ダウン」を喚起させるが、それに匹敵する映画が登場したと言ってよい。




*****以下、ネタばれ注意*****




 鑑賞中、私は少なくとも3回絶望感を味わった。

① 山の頂上に兵士が1列に並んで迫ってくる描写。
自身のチームが4人に対し、あまりに敵対兵の数が多いこと。また自分から見て不利となる上方に配置され、情報伝達のスピードも脅威に感じられた。

② 後方撤退時に崖から飛び降りるシーン。
戦争映画では市街地やジャングルでの戦闘は何度か観ていたが、山岳地帯の傾斜地が舞台というのは初見だった。右も左も敵兵に囲まれ、やむなく後方の崖から飛び降りるが、文字通り「転がり落ちる」ということを体現おり、それまでの映画史になかった新しい描写である。転がりながら鋭利な岩肌に全身を打ちつける箇所は、画面を直視出来ないほど”痛さ”がダイレクトに伝わってきた。

③ 救援に来たヘリがRPGにより撃墜されるシーン。
チームが残り2人になった段階でようやく駆け付ける救援ヘリ。「ブラックホーク・ダウン」でも屈強の兵士を演じていたエリック・バナも同乗しているため、これで安泰と思いきや、これまた「ブラックホーク・ダウン」で火を噴いたRPGによって撃墜される。他の戦争映画でもそうだが、とにかくRPGの火力がインフラ気味で、今作でもその存在を十二分に示した格好だ。

 延々と続く地獄絵図の様相だが、今作はラストで少し異なる展開を迎える。後半で米兵である主人公を助けた村人、「いかなる代償が伴おうと敵から逃げる者を守り抜け」と定められているパシュトゥーンの掟に従った末の行動だ。エンドロール時でのこの文字を観たときに「ローン・サバイバー」という映画の見方が一変する。

山羊飼いの3人を殺害せずに助けたことにより、作戦は失敗し多くの仲間を失うという悲劇を迎えるが、それを超越した人の崇高な行動に触れることができた。逆に山羊飼いを殺害すれば、作戦を遂行し仲間を失うことはないが、交戦規程に抵触し負い目を背負う可能性があった。どちらの選択にも得るものと失うものが存在し、どちらが正しかったのかは断定し難い。

 この不思議なジレンマと顛末。単なるサバイバル映画、または米軍プロパカンダ映画だけではない。なんらかの大義に沿っての戦争・殺し合いという極限状況のなかでも、人は人を救いたいという本質をそこに見た。



■関連作品■
キングダム/見えざる敵 ★★★
ハンコック ★
ハプニング ★★★
ザ・シューター/極大射程 ★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.