ミッション:インポッシブル™ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ミッション:インポッシブル™ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
(2013/07/19)
トム・クルーズ、ジョン・ヴォイト 他

映画の詳細を見る



 人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」を映画化した作品。今作はテレビ版から継承している道具・仲間といった昔からの要素と現代的なアイテム・VFXをうまく融合し、たたみかけるようなストーリーとデ・パルマ監督らしい緊張感あふれる演出を駆使した非常に完成度の高い作品だと思う。

 巧みな演出のひとつに解説・回想シーンがあげられる。劇中1番の見所であるCIA潜入ミッションの際には、実際のミッション開始前にその厳重なセキュリティの数々を視覚的に提示しておき、こうなったらミッション失敗というルールを明確にしたうえで潜入が始まっていく。少しの圧力の変化によって警報が鳴る、というルールを解説シーンではコップに付いた水滴が床におちるという場面を事前に観せておいて、本番ではこの事象をトム・クルーズの汗に転換している。前述の解説シーンがあるのとないのとでは受け手の印象に大きな差が生じ、さらにネズミや摩擦熱といった突然のハプニングによって観客はより一層の緊張感をひきだす場面に仕上がっている。終盤では殺されていった仲間のシーンを頭の中で回想させ、真犯人を推理していき、目の前にいるジョン・ボイトを疑い始めるシーンも緊迫していて面白い。

 シリーズ化もされトム・クルーズの代名詞的作品まで登りつめた「ミッション・インポッシブル」だが、もともとトム・クルーズ自身が製作の発起人である。スマートで甘いマスクだけの2枚目スターと思うなかれ、意外なビジネスセンスの持ち主ではないだろうか。


■関連作品■
Mi : 2 ★★★
Mi : 3 ★★★
ブラック・ダリア ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック