ドン・ジョン [DVD]ドン・ジョン [DVD]
(2014/09/05)
ジョセフ・ゴードン・レヴィット、スカーレット・ヨハンソン 他

映画の詳細を見る



何故、いまこの題材を??


 ジョセフ・ゴードン=レヴィットが初監督・脚本・主演とのことで、期待を寄せていた作品ではあったが「何故、いまこの題材を??」という思いが本音である。




*****以下、ネタばれ注意*****




 現実世界のセックスに満足できず、インターネットのポルノ動画に依存しているプレイボーイと、映画のような恋愛に憧れる美女が付き合い、喧嘩して、別れる。それぞれが抱く理想に齟齬があり、そこから関係が悪化するのは至極当然のこと。しかも主人公のドン・ジョンがポルノ依存から脱却する手段が「セックスにおいて相手を思いやることを知る」という、これまた当たり前の結論に辿り着く。

 序盤からテンポのよい編集、ポルノ映像、ベッドシーン等でそこそこ飽きずには鑑賞できたが、物語が普通過ぎて気持ちがのらない。教会のシークエンス他、文化の違いから分かり難い箇所があったものの、これといったメッセージ性も伝わってこなかった。

 見所はゴージャスセクシー美人、スカーレット・ヨハンソンのはまりぶり。全裸まではいかないがベッドシーンをはじめ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットと玄関前で疑似立ちバックを見せるシーンは興奮もの。

 「(500日)のサマー」で草食男子を演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットが、真反対の肉食男子を演じたのは、役者ならではのチャレンジスピリットからか??個人的には草食男子の方が似合っており、本作よりもよほどセクシーに映っていたのだが。



■関連作品■
ダークナイト ライジング ★★★★
インセプション ★★★★
プレミアム・ラッシュ ★★
アベンジャーズ ★★★
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック