ターミネーター:新起動/ジェニシス ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]



 カジュアル感覚なターミネーター


 「カジュアル過ぎる」という感想に尽きる。今シリーズの良さは、得体の知れない殺人マシン=ターミネーターが突如として現れ、倒しても倒しても追いかけてくる恐怖と緊張。そして機械が自我に目覚め、人類30億人が滅亡するジャッジメント・デイ不可避への悲壮が物語の肝だ。

 「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は予告の段階、ポスター等の事前情報である程度は予見できたように、要の肝が軽視された内容である。本作はターミネーターの正式な続編ではあるが、過去の遺産に頼ったセルフパロディ色が強いため、ある種のコメディにも見えてしまうのだ。

 自らの運命と人類の未来に悲観した、リンダ・ハミルトンが見せた強くも繊細なサラ・コナーは、本作のエミリア・クラークからは微塵も感じられない。また、機械側の最終手段とされたタイムトラベルを今回は乱発しているのも疑問。2人同時に転送できたり、未来へタイムスリップしたり(未来へ行く意味も疑問)と、縦の時間軸または並列の時間軸まで言及しているのだから訳が分からない。最終的に1984年の段階でシュワルツェネッガーが自分でタイムマシンを作ったりしているし(笑)“軽い”と感じるのはアクションシーンも同様。スクールバス横転時のCGや終盤のヘリコプターチェイスのCG連発も陳腐、目新しさがなく重量感にも欠ける。

 シリーズ5作目で、続編を追うごとにカジュアルになり作品の質を下げている、同様の病魔に侵されているのが「ダイ・ハード」シリーズだ。その5作目の両方に出演しているのがジェイ・コートニー。彼自身が実は、商業・ビッグバジェットに傾倒しているハリウッド映画界に送り込まれた、ターミネーターなのでは…と頭のなかで妄想してみたり。勿論、彼だけが悪い訳ではないのだが、作品選びのセンス若しくは運が無過ぎである。


■関連作品■
ダイ・ハード/ラスト・デイ  ★★
コマンドー ★★★★★
ホワイトハウス・ダウン ★★★
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック