フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ★


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray]



 「尻たたき」なんてどうでしょう??



 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」50の顔(影)を持つグレイ、と直訳できるが分かり難く長い。私が邦題をつけるなら「尻たたき」だろう(笑)全世界でヒットした小説の映画化だが物語の展開、メイン2人の感情・行動がなんとも鈍く、ストレスの溜まる作品だった。




*****以下、ネタばれ注意*****




 今作のマイナス点はふたつ。ひとつは物語の転がりの悪さだ。開始10分程でアナとクリスチャンは出会う→しかもその時点で2人は互いを意識し合い、且つ好印象をうける。そこから最後まで(全体を120分ならば)残りの110分は、「本当の俺は危険だ、近づくな。」「でも、契約結んだらいいよ。」「契約結ぶのは保留。」「でも、本当の貴方が知りたいの。」の繰り返しである。

 契約しないとセックスやSMプレイをしないかといえば、ちょいちょいやったりする。「契約なんて関係ない。」と言ってキスをしたり、「俺は女とは同じベットでは寝ない」とか言いながら一緒に寝たりする。思考と行動が矛盾してなんとも腑に落ちないのだ。

 ふたつめのマイナスは、恋愛映画にしてはカップル間の障害が極端に低い点だ。金持ちのCEOと普通の大学生の恋。出会って直ぐに好意を抱き、半同棲まで始める。周囲の反対もなく、社会的な身分の差も関係ない、恋敵も居ない。「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」における2人の障害はクリスチャンの偏った性癖だけなのだ。その障害=ストレスのみで120分は流石に辛い。そのような物語の結末に、用意されたのは以下のやりとりだ。


「契約は結ばないけど、とりあえず本当の貴方を見せて。」
 ↓
 尻を6回たたく。
 ↓
「痛い、嫌い、別れる!!」
 ↓
「車返して!!」→「車売った。後からお金、返金する。」
 ↓
 エレベーターのドア前で「アナ」、「クリスチャン」
 ↓
 Fin


 絶句してしまった。続編ありきの幕引きだろうが、単体の映画の締めとしてはなんとも急転直下である。R-18、官能描写が話題となったが、他の作品より秀でているのは”画”のみであり、映画の根幹であるキャラクターの肉付けや展開がおざなりになっては本末転倒だ。鑑賞中、集中力が途切れて何度も腰やお尻が痛くなった。辛い思いはアナだけではなく、私もそうだった。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.