☆ 2015年中に観た映画ベスト3 ☆

 今年は子育てと仕事に追われる日々でした。子供が成長するにつれ、賃貸アパートでは部屋が狭く、マイホームを決意するも土地がない!!大分に土地がない!!ゴールデンウィークから探し始め早や半年越、車を運転しつつ空き土地がないかキョロキョロしていました。2016年には良土地が直ぐに見つかりますように。そんな2015年に鑑賞した映画からベスト3をセレクトしました。


☆2015年初めて観た映画でのベスト3

1. セッション ★★★★
2. フォックスキャッチャー ★★★★
3. マッドマックス/怒りのデス・ロード ★★★★






 1位は「セッション」。既存の音楽映画にないスタイルに驚愕、ラスト暗転の瞬間の興奮は忘れがたいもの。青春音楽映画と思わせ、格闘アクション映画と思わせ、最終的にはホラー映画かなと思ったり。「ファンタスティック・フォー」がこけてしまったマイルズ・テラーだが今後とも応援していきたい。






 2位は「フォックスキャッチャー」。大富豪とレスリング選手の物語という、自分の日常とはかけ離れた世界が舞台だが、観終わるとなんともキャラクターが愛おしくなる作品だった。自分の周りの人に登場人物を重ねてみたり。。。そのような愛おしさ、感情の根幹は俳優陣の素晴らしいアンサンブルにあった。チャニング・テイタム、スティーブ・カレル、マーク・ラファロ、3人の存在は忘れがたいものだ。






 3位は「マッドマックス/怒りのデス・ロード」。もはや語るべきもない傑作。映画の面白さとは??という純粋な問いに純粋な心意気で応えている作品。本作が映画カルチャーに与えた影響は大きく、今後も永く語り継がれる作品になりそうな勢いだ。V8!!V8!!



☆2016年期待の映画☆

・バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
・シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
・スーサイド・スクワッド

 2015年に引き続き、アメコミの超大作が続きます。気になるのはヒーローの内部紛争、ヒーロー同士の戦いは弱い悪役を相手にするよりも盛り上がるはず。また近年、内容的興行的に成功を収めたマーベルコミックにDCコミック勢がどこまで迫れるか注目。またはアメコミに飽きて共倒れがあるかも…??などと思いつつ、年間50本の鑑賞を目標に2016年を過ごしていきたいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック