フレンチアルプスで起きたこと [DVD]


フレンチアルプスで起きた怖いこと


 一昨年観た「ゴーン・ガール」は怖い映画だった。ただ「フレンチアルプスで起きたこと」はもっと怖い映画だと思った。「ゴーン・ガール」の怖さは振り切れている分、半分は絵空事、ある種のファンタジーだが、今作はリアルだ。自分を含め誰にでも起きうること、そして何よりも自身をコントロールできるか分からない、不明瞭な領域であるからこそ怖いのだ。

 原題の「FORCE MAJEURE」の意味は不可抗力であり正に主人公の行動そのものを指す。雪崩という自然災害から避難することは許されない手段ではないが、妻はそこを容赦なく追及していく。雪崩のその瞬間に何が起きたのかぼやかしていてもサスペンス映画として面白そうだが(夫は本当に逃げたのか、または妻の思い違いの狂言なのか)序盤でことの真実を固定カメラでじっくりと見せており、そこから人物の心の動きを描いたヒューマンドラマに終始している。




*****以下、ネタばれ注意*****




 今作はどのような着陸を見せるのか、家族4人並んでスキーをする姿を映して終わりかな、などと予想していたらもうひとつの展開が起きる。雪崩の次の災難はバスだ。ここで興味深いのはあそこまで、夫を追い詰めていた妻が子供を含む家族を置いて真っ先にバスを降りたということ。瞬間的な参事ではないため、ある意味では夫よりも糾弾すべき行動ではないだろうか。やはり人は瞬時の感覚には負けてしまうのだ。

 バスから降り、道路を歩く人々を正面から捉えたショットは、家族間・男女間の微妙な距離を示す。互いに”理解できない領域があることを理解”してバランスを保ちながらも生きなければ、という力強さと諦めが混在した不思議な印象を持つ画だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック