イタリアは呼んでいる [Blu-ray]


日本も呼んでいる


 なんとも画期的・冒険的な映画だ。開始30秒でイタリアの旅が始まったかと思えば、以降は、中年親父2人のお喋りと移動→食事→ホテルの繰り返しだけなのである。劇的な展開もない、明確な起承転結もない、だけど面白い。会話劇+ロードムービー+ドキュメンタリーのアンサンブル、他にあまり例を見ない作品だ。

 スティーブ・クーガンとロブ・ブライドンは実名のまま登場し、本人役をそのまま演じて??(投じて??)いる。2人は私生活でも仲がよいとのことで、そのことが映画に心地良い風を吹き込み、会話の掛け合いが自然で可笑しい。また劇中では多数の物真似を披露しており、全世界・全男子が一度は試す、「ゴッドファーザー」でのマーロン・ブランド、アル・パチーノという王道ものから、「ダークナイト ライジング」でのクリスチャン・ベール、トム・ハーディ、マイケル・ケインといった、フレッシュなものまでを網羅している。また、旅行のアイテムにiphoneやipod、skypeを駆使するなど、限りなく”現在”を切り取ったスタイルにも注目だ。

 今作のテイストに近い映画といえば、同じく会話劇がメインの「ビフォア」シリーズが挙げられる。ビフォアシリーズでは、男女間での考え方の齟齬等を主題に扱っていることから、普遍的な会話やテーマが多くの人に共感を呼んだ。

 それに比べ今作は中年親父が2人、仕事の悩みは俳優業でのこと、裕福な旅のプラン等々その辺りは感情移入し難い点だ。しかし言い方を変えれば、芯となる物語の設定を確立しなかったことで、浅く広くパッケージ化が可能だということも窺える。

 イタリアは呼んでいる。次回はフランスでもアメリカが舞台でもよい。その国の料理、ホテル、映画、俳優について語り女性を口説く。年に1回のペースで世界各国を周って欲しいものだ。願わくばいつか日本の地で。


■■関連作品■■
ビフォア・ミッドナイト ★★★★
ダークナイト ライジング ★★★★

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック