ビットコイン 夢と未来 (字幕版)


インターネットで起きたゴールドラッシュ


 先頃話題になっていたビットコインについて知りたく、本を読むよりも分かり易いかなと思い鑑賞した。しかし本作はビットコインの仕組みや利用法よりも、ビットコインに着眼しそれをビジネスにしたベンチャー企業や個人の様子に多くの時間を割いている。序盤に簡単なイントロダクションはあるものの、通貨発行にあたる発掘や価値が上下するといった、市場原理がよく分からないまま物語が進んでしまった。

 後にネットなどで仕組みを調べるもやはり複雑で、簡単に説明してもそれだけで90分が終わりそうではある。アニメでもよいのでこの辺りを上手に噛み砕いて説明するメディア媒体の登場に期待したいところ。

 2009年から運用開始となった新しい産業だけに、ベンチャー企業の広がりも目覚しい。朝から晩まで働き、次々に大きなオフィスへと引越す様子はアメリカンドリームを目指す、正にゴールドラッシュのよう。しかし、マウントゴックスがシステムの脆弱性を発端とし破綻したことや、インタビューを受けていた社長が法の枠組みの未整備により逮捕されるなど、物語の終盤はなかなかにドラマチックな展開をみせた。

 1度動き出したシステムは止まらない。上記の問題はビットコインを取り巻く環境下で起きた2次災害であり、ビットコインそのものは存続し続けている。最大のロマンは創設者のナカモト・サトシが誰なのか不明だということだ。世界の経済構造を変えるイノベーションとなるか後に廃れる仮想通貨一部か。ビットコインの動向はなんとも刺激的である。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック