☆ 2016年中に観た映画ベスト3 ☆

 今年はマイホームの土地がようやく決まり、現在、建設中の状態です。今、住んでいる賃貸のアパートは狭くそれ故に、自宅での映画鑑賞の機会も減っていました。新しい家ではわずかながらでも、自分のスペースを確保出来たことから、2017年はもう少し映画鑑賞が出来るかなと期待してみたり。なにか空いているスペースに映画のポスター等が飾れたらなぁと考えてみたり。そんな2016年に鑑賞した映画からベスト3をセレクトしました。


☆2016年初めて観た映画でのベスト3

1. サウルの息子 ★★★★
2. フレンチアルプスで起きたこと ★★★★
3. マジカル・ガール ★★★★



サウルの息子 [Blu-ray]


 1位は「サウルの息子」。この作品で強く感じたのは、”伝える”ということだ。同胞の死体処理をさせられるゾンダーコマンドの想像絶する体験は、主人公の背中を通じ観客にダイレクトに伝わってくる。これまでのホロコーストを扱った作品と異なり、物語を全体ではなく1人の主観に絞ったことが、あまりに無残な光景と史実をより強調する結果となっていた。このような悲劇を繰り返さないよう、映画として後世に伝えることは、エンターテイメントを超えた映画メディアのもうひとつの役割といえる。



フレンチアルプスで起きたこと [DVD]


 2位は「フレンチアルプスで起きたこと」。現実に起こりうるちょっとした出来事で、それまでのパートナーを不信に思いだす怖さを描いている。劇中では不可抗力である雪崩によって、文字通り夫婦関係が崩れていくのだ。高級リゾート地を舞台に繰り広げられる、ミステリーのような緊迫感も見所である。今年観た「さざなみ」も1通の手紙から夫婦の気持ちが揺らぐ様を見事に描いていた。



マジカル・ガール [Blu-ray]


 3位は「マジカル・ガール」。物語がどのように展開していくか全く読めない、変化球映画。ただし画面の構図や演出が丁寧で、ドロドロした内容なのにどこか気品を感じる不思議な作品だった。何が起きているのか見せないことが1番怖いのである。


☆2017年期待の映画☆





・ラ・ラ・ランド

 「セッション」のデミアン・チャゼル監督の最新作。前評判が高く予告編からも映像美が伝わってくるものだ。ミュージカル映画は苦手だが、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのダンスを見ていたら何か惹き込まれるものがあった。アカデミー賞を総なめするのは間違いなさそうである。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック