スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


why so serious?


 「またDCは…」と思った。DCエクステンデッド・ユニバースの作品は「マン・オブ・スティール」「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生」に続き3作目となるが、いつまで経っても失敗から学ばないなと。マーベル作品の優秀さと比べ、この燻った感じが、むしろ愛おしく思える程である。

 「スーサイド・スクワッド」最大の失敗は「ぶれたこと」だ。そもそもDCエクステンデッド・ユニバースの世界観やコンセプトは、ダークナイトトリロジーに準えた重厚でリアルなもの。そのため「マン・オブ~」も「バットマンvs~」も驚くほどユーモアが少なく、ヒーローの存在意義を問う比較的重たい内容に仕上がっている。そのような路線で行くのであれば、今作のデヴィッド・エアー監督起用というのも納得がいくものだ。

 しかしである。本作最初の特報時にはダークな内容に観えたのだが、それ以降の予告編では急にポップなものとなり、本編完成版でも、どちらかといえば軽いノリのものとなっていた。一説では「バットマンvs~」評価が芳ばしくなかった為、途中で編集や演出を変えたともいわれている。

 この突然の路線変更がもろに作品の構造を悪くしている。軽くポップなノリなのに主な舞台は夜で暗い。稀代の悪の集団のはずが微妙に良い面があり、はちゃめちゃ感が皆無。編集のせいか時間軸やキャラクターの行動原理が分かり難い。敵対するボスの魅力の無さ等々…良い素材なのに全部ミキサーで混ぜ、香辛料を加え過ぎた結果、よく分からない味の料理となる、正に「バットマンvs~」の失敗を繰り返しているのだ。

 救いはマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインだ。思えば「バットマンvs~」の救いもワンダーウーマンだった。これら女性キャラクターがいなかったらDCユニバースは完全に沈没していただろう。


■■関連作品■■
バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生 ★★
ダークナイト ★★★★★
ダークナイト ライジング ★★★★
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック