レヴェナント/蘇えりし者 ★★★


レヴェナント:蘇えりし者(2枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]


フラットな気持ちで作品を鑑賞できるか。


 レオナルド・ディカプリオの物語にも見える。これまでアカデミー賞に4度ノミネートされながら、オスカー像を手にすることができなかった彼は、いよいよ自らを極限状態にまで追い詰める。死の淵からの生還を、大自然と共に本能のままスクリーンに投影したのだ。時に生魚・生肉を貪り、裸体で馬の体内に入り込む等々…「体を張る」という表現を超え「演技」を超え、生きるために無意識に動く瞬間を映像に残した、そんな印象だった。

 しかし正直に言えば、「悲願のアカデミー賞主演男優賞なるか!?」という映画とはかけ離れた外部要因が、時にヒュー・グラスをディカプリオに見せてしまったと思えなくもない。どんなに過酷な撮影をしようが、生肉を喰らおうが、「全てはオスカーのため」と見えてしまっては意味がない。勿論、本人もそのつもりは毛頭ないだろうが、そのようなことが劇中、頭をよぎったのも事実である。

 そのような意味では、フィッツジェラルドを演じたトム・ハーディの方が自然体で違和感なくキャラクターに没入できていたように思えた。どのような振る舞いをしても「オスカーのため」と捉えられてしまうのは、若い頃より常に第一線で注目されたハリウッドスターならではの苦労だと思う。しかし私はこうも思った。「レヴェナント/蘇えりし者」により、ついにアカデミー主演男優賞に輝いたレオナルド・ディカプリオは自らに纏わりついた足枷をようやく外せるのでは、ということだ。

 本人も観客も余計な雑念やプレッシャーがなくなり、作品選びを含め次回作以降こそがレオナルド・ディカプリオの自由な演技が観れるのではないだろうか。「レヴェナント」は自然と共生し死の淵から甦る男の物語だった。それに準えて今後の彼の活躍が心から楽しみである。


■■関連作品■■
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) ★★★★
インセプション ★★★★
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★
ブラッド・ダイアモンド ★★★


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.