ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス ★★


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


自分ってのは身勝手な人間でして...


 前作が期待以上に良かったせいか、こうあってほしい、こうあるべき「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」像も勝手に肥大化していったように思う。かくなる自分もその1人で続編へのハードルがあがり過ぎていたせいか、リミックス(原題:Vol.2)は正直あまり乗れなかったのである。では周りはどうかと言えば、あらゆる媒体で”前作以上””MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)において最高傑作””スター・ウォーズと並ぶスペースオペラ”などの文字列が踊っており、自分との温度差に焦るくらいだ。

 なぜこのような乖離が起こるのか??要は求めていたものや好みの問題である。今作の物語のメイン軸はスター・ロードと父親エゴとの再会から起こるひと騒動で、中盤以降の展開がメロー過ぎており、突き抜けた明朗さが失われてように思うのだ。監督のインタビューからも想像できるが、ストーリー主軸のキャラクターというよりはキャラクター掘り下げの為のストーリーを目指していたのだろう。シリーズを通じての世界観やアイテムを転がすより、既存キャラクターの魅力や内面に注力したのがリミックスだといえる。




*****以下、ネタばれ注意*****




 父子の関係はスター・ウォーズで観ていたし、そのネタを2作目でやるかと若干辟易しながらも、選ばれた者のスーパー能力をあっさりと否定するのがガーディアンズらしく、その辺りはホッとしてみたり。ドラックスとマンティスのやりとりやジョークがくどく思えたり。血縁関係の近しい者同士の摩擦、克服・成長から起こる感動。自分ってのは身勝手な人間でして、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ではもっと分かり易いアクション活劇を求めているのだ。軽いノリの冒険後に訪れるちょっとした感動くらいが丁度いい、本当に自分はわがままである。

 今作で母親から貰ったSONYのウォークマンを、父親エゴによって壊される衝撃の展開があった。しかしラストでZuneをゲット。何故、ipodではないのか、利権やなにかの問題なのかと勘繰りながら300曲近くをダウンロードできるという台詞から、次作では90年代や00年代のポップスが登場するのか??自身の家系による呪縛から解放されたスター・ロードと共に明快な冒険に期待したい。


■■関連作品■■
キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー ★★★
007/スペクター ★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.