メッセージ ★★★★


メッセージ [Blu-ray]


記憶には感情が伴う


 甘い経験、苦い思い出、などと言われるように、記憶には感情が伴う。記憶に感情が伴うことで、素晴らしい体験を繰り返したいという思いや、過ちを繰り返したくないといった、心情が生まれてくるのだろう。成長や人生を豊かにするために欠かせない人間の本質である。




*****以下、ネタばれ注意*****




 主人公のルイーズはヘプタポッドの文字を理解するにつれて、未来が見えるようになる。おそらくはその未来の記憶にも感情が伴っているのだろう。だからこそ、イアンとの離婚や娘との死別といった、最も辛い出来事が先に分かっていてもその運命を受け入れたのだ。

 「メッセージ」はイントロダクションこそ、SF映画によくある異星人とのファーストコンタクトもの、全世界を巻き込むスケールの大きなものだが、物語はルイーズの主観で語られ、ごくごく個人的な内容であることが次第に明らかになる。冒頭とラストで流れる、マックス・リヒターの「On the Nature of Daylight」は安らかにその運命を暗示し、観客を感動に包んだ。かくいう私も、鑑賞後この曲がずっと頭から離れず、主人公の気持ちを何とか理解しようと想いを巡らせたものだ。

 物語の始まりが、1番先の未来=ラストというサプライズ。では何故、冒頭の大学の講義や日常生活において終始、ルイーズは怪訝そうな表情だったのか(笑)ミスリードへと上手に誘導したエイミー・アダムスの演技はさすがである。

 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の前作「ボーダーライン」では国境検閲所での舐めるような空撮ショットが印象的だったが、「メッセージ」もヘリコプターで宇宙船へと向かうシーンが同じように鮮烈だった。大渋滞した禁止区域を越えると、山肌から雲が流れ、その白い雲の間にぬっと現れた未知の物体がなんとも美しく不気味。そこで流れるスコア「Arrival」の影響もあり、好奇心と歪な不安が同居した屈指の名シーンといえる。この場面が上手いのは、一般人はそのエリアに入れないこと、宇宙船の大きさ、宇宙船と作戦基地の距離間といった情報を言葉ではなく、1ショットの映像で見せていることだ。


■■関連作品■■
バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生 ★★
キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー ★★★
ハート・ロッカー ★★★
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.