ダンケルク ★★★


DUNKIRK


「監督」 らしさかクリエイトか


 「ダンケルク」を鑑賞した直後の感覚は「ゾディアック」を鑑賞した直後のそれに似ていた。私はデヴィッド・フィンチャー監督が好きで「セブン」や「ファイト・クラブ」にかなり傾倒していた時期があった。そんなフィンチャー監督の当時の最新作「ゾディアック」を鑑賞した時に、それまで多用していた、カット割りの速いスタイリッシュな映像や、ひねりの効いた展開がなく、過去に起きた実際の事件を淡々と追っていく内容に失望してしまったのである。

 「ダンケルク」を観ようと思う要因にクリストファー・ノーラン監督の新作だから、という人も少なくはないはずだ。ノーラン監督といえば「メメント」「ダークナイト」「インセプション」等、独自のルールがあるフィクションの世界をCGに頼らず出来る限り実物で撮影し、あたかもこの現実と地続きにその世界が存在するように見せる映像と、その圧倒的な世界で起きる物語のツイストやフェイク、時間軸を入れ替える構成に、比類ない刺激と魅力があるのだと思う。

 では今作はどうか。まず監督が初めて史実に基づいた題材を扱ったこと、また物語がキャラクターで転がす展開ではなく、状況のみで進める展開となっている点でノーラン監督らしさどころか、通常の映画でもあまりない構成となっている。「ゼロ・グラビティ」も近い気がするが、このようなビッグバジェットで、全くキャラクターに移入させず全編に渡ってのタイムサスペンスは異例中の異例だ。空想の世界の中で起こるツイストばかりをノーランに求めてよいのだろうか。クリエイターでもある映画監督は、やはり新しいものも追求しなければならない。

 初見時は失望した「ゾディアック」を公開から随分後に観返した際、「なんと面白い映画なのか!!」と考えが一変したことがあった。そしてその魅力を、当時分からなかった自分を恥じたりしたものだ。もしかしたら「ダンケルク」もそうなる可能性があるかもしれない。しかし劇場から一歩足を踏み出した際のあの感覚を、あえてここに記そうと思う。


■■関連作品■■
ダークナイト ★★★★★
インセプション ★★★★
インターステラー ★★★★
スポンサーサイト

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/26 (Tue) 14:41 | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.