FC2ブログ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ★★★


アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


10年という時間がもたらす感情のうねり


 それは正に”水を打ったよう”だった。エンドロールを迎える頃、劇場にはビッグバジェット映画ではあり得ないほどの冷たい空気と喪失感に包まれていた。ある劇場ではすすり泣く声が聞こえたとも。恐らくこのような状態は全世界のあらゆる館内で起きた事象だろう。そして、このような事象や特異な感情は二度とない体験だなと私は感じたのである。




*****以下、ネタばれ注意*****




 映画において、サプライズな展開というものはビッグバジェットでもよくあることだ。例えばスター・ウォーズで、ルークの父親が実はダースベイダーだったというのは映画史に残るビッグサプライズである。「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」で明かされるそれは、当時にしても相当な衝撃だったようだ。

 「ヒーローや世界の住人が半分消えて終わる」これもスター・ウォーズに並ぶ程のインパクトではないだろうか。そして決定的に違うのは”時間”である。スター・ウォーズが公開されたのは1977年、その3年後に帝国の逆襲が公開されてのサプライズ、つまり3年間想っていたキャラクターや相関関係が崩れることへの衝撃だったわけだ。

 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」マーベル・シネマティック・ユニバースの場合は10年である。10年費やした、世界・人物・関係が一気に崩れ消滅するのだ。他の映画と大きく異なるのはその連続性にあり、マーベルの場合は毎年映画を製作したために感情や世界を常に観客が覚えていたことにある。

 例えば、何十年ぶりの続編で登場人物が消失する、またはジャスティスリーグのように、プロジェクト発足から3,4年くらいで同じように消失、ということがあっても今回のような感情は起こらなかっただろう。それほど、マーベル映画は10年という途方もない歳月をかけエンタメカルチャーの中心と観客の心を掴んだのである。

 そのような意味でも、今回の「世界の半分喪失」という展開及び劇場での空気間は、私の人生でも二度と起きえない映画体験だった。昨今のヒーロー映画乱立に異論を唱える声もある(私もたまにそう思ったりするが…)が、今までにない感情のうねりを引き出したことは事実であり、このようなプロジェクトに巻き込まれた、いち映画ファンとしてマーベルには素直に感謝したい。


■■関連作品■■
スパイダーマン/ホームカミング ★★★
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー ★★★
キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー ★★★
◇ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス ★★

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.