FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション・インポッシブル / フォールアウト ★★★


ミッション:インポッシブル 5 ムービー・コレクション (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]


トム・クルーズはSASUKEに出るべきだ。


 トム・クルーズがSASUKEに出場したら、けっこういいステージまで進むのでは??と思った。「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」は、物語の面白さとトム・クルーズ56歳にしてノースタントで挑む驚愕のアクションという、メタ的な凄味が入り混じった映画だった。

 本来、映画は映画内部の面白さだけで完結するものだが、時として映画外部の要因が作品の印象に直結することもある。「ワイルドスピード/スカイミッション」で奇しくも私が涙したのは、主役のポール・ウォーカーが撮影中に亡くなったという、映画の外側で起きた事象を鑑賞前に知っていたからである。その事実を知らずにスカイミッションを鑑賞した人は、ラスト付近のシークエンスは全く唐突で意味の成さないものに思えただろう。

 今作、フォールアウトにおいても例えばトム・クルーズという俳優を知らず、ノースタントでアクションに挑んでいることも知らずに鑑賞した場合は、作品から受ける面白味や感動は半分以下になるだろう。それこそが、現在のミッション・インポッシブルシリーズの肝であり、他の映画と大きな一線を画す要因となっている。それはスポーツにおける感動に近く、ビッグバジェットで大スターが命を張る映画は、もはやこのシリーズしか現存していない。

 トム・クルーズ自らの命を懸けて臨む撮影。そのモチベーションが「観客を楽しませるため」ならば、なんと偉大な映画人だろうか。即刻でアカデミー賞を与えるべきだと感じたし、彼に「ありがとう」と言いたくもなった。

 しかし、シリーズを重ねる毎にアクションのインフレが起こると、物語上の必然的なアクションではなく、アクションの為の物語に陥りがちだ。そもそもミッション・インポッシブルはスパイ映画、次作があるならもっとスケールを落とした知能戦の方向に持って行くのも悪くない気がする。そうでなければ、いよいよトム・クルーズの命が心配だ。


■■関連作品■■
ミッション・インポッシブル/ゴーストプロトコル ★★★
バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生 ★★

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。