あるスキャンダルの覚え書き ★★★★

あるスキャンダルの覚え書き [Blu-ray]あるスキャンダルの覚え書き [Blu-ray]
(2014/02/05)
ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット 他

映画の詳細を見る



ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの距離感


 今作のテーマのひとつに「孤独」というものが挙げられる。何気ない日常を送る2人の女性、孤独を満たす手段はそれぞれ対照的であり、互いの弱さを補填し合うかのような絶妙な距離感、支配と私欲のバランス関係をサスペンスフルに描いていた。

 知的であり厳格、その性格故に周囲から孤立しているバーバラ(ジュディ・デンチ)はある日、赴任してきた新任教師シーバ(ケイト・ブランシェット)が男子生徒とセックスしている姿を目撃する。

 このショッキングな出来事は(対応によっては)シーバと本当の友人としての関係を構築し、孤独から抜け出せる起因となったかもしれない。しかしバーバラはその弱みに付け込みシーバを支配しようとしてしまう。自身のノートにしか心の中を曝け出せない彼女は、職場の人にも妹にまでも最後まで本心を口に出すことはなかった。おそらくその想いを誰とも通わすことなく誰とも理解しえないまま、生涯を終えることになるだろう。特異な性格の持ち主だがバスルームでの独白などは妙にリアリティがあり、コミュニケーション不全の現代社会においては彼女の思慮も多少は共感できるのではないだろうか。

 一方の完璧なまでの美しさを備えたシーバは、優しい夫、2人の子供に恵まれ、一見するとなに不自由しない生活を送っているようだった。しかし彼女もまた満たされてはおらず、そのような現状を電車とホームの間にある、埋めようのない隙間と形容し、15歳の少年と関係をもってしまう。
 
 本作のケイト・ブランシェットは、劇中でも形容されているようにまさに妖精そのもの。透明感というべきか無垢で魅力溢れる様子、しぐさを上手にフィルムに焼き付けたなという印象。そのために怒りの感情をぶつけるラストでのギャップがより際立って見えるようになっている。
 
 今作でジュディ・デンチがアカデミー主演女優賞に、ケイト・ブランシェットが助演女優賞にそれぞれノミネートされた。2人の大女優による、キャリアやプライドを交えた演技対決を観るだけでも十分に楽める作品だ。


■関連作品■
バベル ★★★
007/カジノ・ロワイヤル ★★★★
スポンサーサイト

4 Comments

さろみゅ  

見応えありました!
どちらの女性の気持ちもわかります。
孤独というキーワードから生まれる闇も・・・☆

2007/10/29 (Mon) 23:25 | REPLY |   

>さろみゅさんへ  

今年の5月6月は観たい映画が沢山あって、劇場まで何度も足を運んだのですが、その期間に鑑賞したものであればこの作品が1番良かったです。
ストーリーもですが、やはり2大女優の演技に惹き込まれていく感じで、ケイト・ブランシェットがそれまで以上に好きになりました。

2007/10/29 (Mon) 23:39 | EDIT | REPLY |   

チュチュ姫  

へえ

そうですか。私はケイト・ブランシェットのような美人が、冴えないダメ人間を演じた、という感じがすごく印象的でした。

たくさんコメ・TBしてすいません。あまりに観ている映画がかぶっていて、またレヴューが面白いので、つい夢中になってしまいました。

2008/06/15 (Sun) 04:13 | REPLY |   

>チュチュ姫さんへ  

贅沢な共演でした。

ケイト・ブランシェットは家庭・現状に疲れたという、心の隙間から生徒と関係をもってしまいます。ダメ人間というよりも、魔が差してしまったかなという印象でした。ケイト・ブランシェットやっぱり良いですね^^

2008/06/15 (Sun) 04:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.