ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]ゾディアック ディレクターズカット [Blu-ray]
(2010/04/21)
ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ 他

映画の詳細を見る



 「ゾディアック」を監督名を伏せたまま鑑賞して、さあ監督は誰でしょう??と聞かれたら、まず正解できない、おそらく間違えてしまうだろう。今作の監督はデビッド・フィンチャー、彼が作りあげた「ファイトクラブ」「セブン」は人生でもトップ10に入るくらい好きな映画だ。

 監督の特長はその卓越した映像表現。インパクトのあるビジュアルイメージを一瞬で頭に埋め込む、それはどれも刺激的で攻撃的でもある。しかし今回はそのような画やテクニカルな映像ショットを用いず、またショッキングな展開や予想外のオチを取り入れることなく、ゾディアックを追う人間ドラマに焦点を当てていた。監督のそれまでの味を期待して鑑賞すると思いっきり肩透かしを食らう結果になる。

 終始淡々とし、2時間30分以上という大きな尺を使い、事件を丁寧に詰めていくテンポはまるでドキュメンタリー映画のようだ。それは映像に頼らない監督の新機軸でもあり、したたかな情熱を感じた。

 劇中では事件を担当している刑事が、「ダーティーハリー」を試写する(ゾディアックをモチーフにした犯人「スコルピオ」が登場するため)という皮肉を込めた面白い演出があった。「ダーティーハリー」というと44マグナムや当時、小学校くらいの時に放送していたテレビの水曜ロードショーなどを思い出す。俳優だった頃のクリント・イーストウッドがまた観たくなった。


■関連作品■
アイアンマン ★★★
ブロークバック・マウンテン ★★★
デイ・アフター・トゥモロー ★★
コラテラル ★★★★
エターナル・サンシャイン ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして。mixiの足あとたどってきました。
私もゾディアックはフィンチャーっぽくないなと思いました。
「ファイトクラブ」「セブン」は大好きですが
これはこれで十分楽しみました。
2007/08/04(Sat) 15:58 | URL | 33_110 | 【編集
はじめまして!!
いつものフィンチャーを期待していたので、
本来面白い作品なのですが、心のなかで落差がありました。

鑑賞しているとき疲れているのもあって、集中できてなかったのでレンタルになったらもう一度観直そうと思います。
一般的な評価も低くはないですしね!!
2007/08/05(Sun) 07:23 | URL | >33_110さんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック