硫黄島からの手紙 [Blu-ray]硫黄島からの手紙 [Blu-ray]
(2010/04/21)
渡辺謙、二宮和也 他

映画の詳細を見る



 硫黄島2部作。「父親たちの星条旗」に続き今作では日本側の視点から硫黄島の戦いを描いた戦争映画である。クリント・イーストウッド監督が日本人の立場をどのように表現するのか大いに注目した。

 硫黄島の戦いは栗林中将の指揮により米軍に最大限の被害を与えたが日本軍は少ない弾薬と物資、わずかな食料と水で戦っていた状態だ。その極限ともいえる状況を大げさな描写を使わずにひたすら淡々と語っていく展開に素直に恐怖を覚えた。
 
 これまでの戦争映画のような、英雄的な人物が果敢に敵陣に乗り込み相手を倒すようなシーンや、死ぬ間際に家族の光景がフラッシュバックされるといった爽快感・感動の要素を一切排除した今作。プロパカンダでも反戦でもない純粋な怖さ、戦争の無意味さ、日米とものに同じ人間という当たり前のことに気づかされる。周りに流されずニュートラルな姿勢を貫いた監督の意思の強さには感服するものがある。

 劇中、一番のインパクトを与えたのは追い込まれた日本兵の手榴弾を使っての自決シーンだ。現在の日本があるのは過去にこのような犠牲があったからこそ、決して右寄りになるわけではないが、改めて戦没者に哀悼の意を捧げなければならない。


■関連作品■
父親たちの星条旗 ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック