海猿 スタンダード・エディション海猿 スタンダード・エディション
(2005/02/16)
伊藤英明加藤あい

商品詳細を見る



 伊藤英明演じる仙崎大輔が海難救助のエキスパートである潜水士になるまでを描いた成長物語。ある特定人物の成長物語と言えば真っ先に青春ものを思い浮かべるが、今作は海上保安庁という一般とはかけ離れた世界が舞台となる。

 海保は国家に属し、堅物のイメージをうけるが伊藤英明のこの上ない爽やかな演技のせいか、主人公の実直な性格のせいか、それこそ青春映画のようなムードで作品は進行していく。映画とはいえ一般人を相手にした本当の人名救助はなく、仲間や教官との確執→最終的に団結などよくあるツボを抑えつつ最後まで訓練生として描き、その後のテレビドラマへと物語は続いていく。

 なんにせよ伊藤英明の好青年ぶり、底抜けにはじけた演出・爽やかさが印象深いのと、海猿に関しては綺麗に映っている加藤あいのコンビが新鮮でもあり、感情移入のせいかトンネルでのキスシーンなどは鑑賞しながらこちらが恥ずかしくなってしまった。また、ロケ地の呉市。海に面し急な階段や坂道があるなど、その町並み・雰囲気ロケーションの美しさにも惹かれた。


■関連作品■
海猿 ★★★
海猿/LIMIT OF LOVE ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック