下妻物語 スタンダード・エディション下妻物語 スタンダード・エディション
(2004/11/26)
深田恭子

映画の詳細を見る



 『下妻物語』は前評通り、恐ろしくパワフルで最後までハイテンションを維持できた快作だ。映像やディティールのこだわりようが半端ではなくアニメーション効果を始めスローモーション・CGを序盤から惜しげもなく使い、はたまたジ○スコといった実在の店舗名を使用するなど、その辺がかなり笑えた(←よく許可をしたと思う)

 そのなかでも特筆すべき点はなんと言っても主役の2人。「ロココ調の18世紀のおフランスに生まれたい」というロリータファッション命の桃子(深田恭子)と攻服・原チャリで飛ばすヤンキー娘のイチゴ(土屋アンナ)の2人のなんとも見事な演技、演技と言うよりもはや「素」に見えるほどキャラクターが立っていた。誰ともつるまず友達はいらないという桃子とグループで行動するヤンキー娘イチゴ、衝突しながらも最後は互いを必要とする濃い友情のメッセージと展開には感動さえ覚える。
 
 「集団とは、強さとは」当たり前のことをストレートに訴えられると、元気付けられるものだ。


■関連作品■
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ ★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
おはようございます!まさきさん。
ご無沙汰してました!

私も先日、観賞しましたよ^^
深田恭子のファンということもあり、興味深く
観る事が出来ました。この二人の対照的な物の
考え方が、出会いによって(どちらかというと、イチゴの人生観に染まっていく方が強いですけど)意識変化していく所が、いいですね!
何気に小池栄子の役柄がカッコ良かったんですよね^^
では、またお邪魔いたします!
2007/07/11(Wed) 07:55 | URL | ぴーち | 【編集
追伸:応援して帰りますね!
2007/07/11(Wed) 07:59 | URL | ぴーち | 【編集
ぴーちさん、コメントありがとうございます。
深田恭子さんのファンなら今作はものすごく
楽しめたでしょ??
2人が成長していく姿はたしかに感動的でした。

応援ありがとうございます!!
僕もブログにお邪魔しますね。
2007/07/11(Wed) 20:25 | URL | >ぴーちさんへ | 【編集
こんばんは!
そうなんですよ♪
【富豪刑事】も好きですし、今度フジテレビで始まった【壁おんな、山おんな】(タイトルはこれで良いのかな?)も先ほどまで、見てました^^

では、またお邪魔します^^
応援ぽち!
2007/07/12(Thu) 23:39 | URL | ぴーち | 【編集
今頃、「下妻物語」みました。こんにちは、パタリロです。面白い!こんなにいいと思いませんでした。「おしゃ-!元気にいきてやるぞ----!」って感じになりますねえ。深田恭子はある種の天才です。役をそのまま飲み込んでしまいます。でも、大竹しのぶみたいに嫌らしくならないのは、彼女の持つ性格的なものなのでしょうね。
2008/02/04(Mon) 02:53 | URL | パタリロ | 【編集
>パタリロさんへ
こんばんは!!
シンプルに泣ける脚本も良いですが、「下妻物語」はキャスティングが見事でしたね。
深田恭子、土屋アンナ共にはまり役で最後まで飽きずに楽しめました。
深田恭子可愛かったですね^^
2008/02/04(Mon) 19:10 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック