不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
(2007/07/06)
ドキュメンタリー映画アル・ゴア

映画の詳細を見る



 政治家のアル・ゴアが地球温暖化についてプレゼンするドキュメンタリー作品、というだけで斜に構え、作為的なものや政治的な意図を感じていた。

 しかし本編を鑑賞すると、彼の環境に対する長きに渡る情熱や地球が瀕している状況がストレートに伝わってきたのである。これはアル・ゴアのプレゼンが、グラフや数値を多く用いてるため信憑性を与え、時にユーモアを交えながら非常に分かりやすく作られていたからだ。本作を観て、即行動とまでにはいき難いが、何かしらの意識は変わるし映画の枠組みを超えて一石を投じたことは間違いないだろう。

 ところが、この温室効果ガスを削減するための排出権などが、企業や国の間でビジネスになっている今日。これが環境保全と経済活動の調和、文明国家が成し得る最良の方法なのか、本当のモラルはなんなのだろうかと辟易としまうこともある。温暖化を抑止するのも滅びるのも我々、一人一人の気持ち次第だということだ。

 劇中にはアル・ゴア氏の過去のエピソードが語られるシーンがあり、温暖化もそうだが彼自身についても興味が沸いてきた。2000年の大統領選で接戦の末にブッシュに敗戦してしまう同氏だが、もし彼があの時当選していたら??と、全く違う世界を覗きたくなったのは自分だけではないはずだ。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック