あずみ デラックス・エディションあずみ デラックス・エディション
(2003/11/21)
上戸彩

映画の詳細を見る



 映画全体がどうにもワンパターン。イベント→アクション→イベント→アクションを繰り返し、テンポが悪く2時間20分の上映時間も手伝い鑑賞後はどっと疲れる。アクションシーンの評判が高い北村龍平監督だが、肝心のアクションもただ悪い奴を斬る→ポーズを決める→斬る→かっこいいポーズのような演出を繰り返すのみ。

 話題になったラストの200人斬りも本当に200人も斬ったか??と疑いたくなるもの。こういうアクションシーンを撮りたい、という気持ちだけが強すぎて大切なストーリーが置き去りになっている印象をうけた。序盤で刺客として感情を捨て仲間を斬る、という大事な場面も軽く終わらせるなど人間が描けていない。

 根底のストーリーがしっかりしていないと、200人斬りしようが縦回転360°カメラワークがあろうが爽快感は得られないものだ。オダギリジョーの狂った演技と麗剣士のユニークなキャラクターには好感がもてたのだが...

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
はじめまして、03といいます。

偶然見つけたのですが、映画が好きな僕にとって

とても面白いブログだと思ったので

勝手ながらリンク貼らせていただきました。

ご迷惑であれば削除いたします。
2007/08/15(Wed) 23:47 | URL | 03 | 【編集
はじめまして、コメントありがとうございます。
リンクは特に迷惑ではないのでどうぞ。
興味のある映画があったときはコメントもどうぞ!!
今後ともよろしくお願いします。
2007/08/15(Wed) 23:55 | URL | >03さんへ | 【編集
 「あずみ」は原作を読んでいたので、キャスティングを見て、「こりゃ、だめだ」と思いました。オダギリジョ-のみのため見ようかと思いましたが、実はみていません。まさきさんの感想を読ませてもらって、「ああ、やっぱりそうだったか」と納得しました。原作はなかなかいいので、単なるアクション物にしては何の意味も無いのです。おっしゃるように、人間描かずしてアクションも成り立たずですよね。見てもいないのに、偉そうに言ってすいません。まさきさんは漫画は読まれますか?私は主にコミックスになってから好みのを読みますで、連載とオンタイムではないのですが、映画化には大体間に合っています。ズ-----ット前に吉田秋生の「YASYA]が伊藤英明主演でドラマ化されました。これはなかなか良かったです。同じ作者の「バナナ・フィッシュ」はとてもファンが多いので、下手に映画化できないでしょうね。あと「デス・ノ-ト」は原作は読んでいませんが、今回のドラマ化は良かったです。松山ケンイチにはぞくぞくしました。スピンオフで「L」を主人公にして作られるので、楽しみです。「ピアノの森」は大ファンなので実写でなくアニメでよかったと、ホッとしています。
2007/08/18(Sat) 03:13 | URL | パタリロ | 【編集
コメントありがとうございます。
「あずみ」の原作は漫画でしたっけ??
たしか漫画はありましたね。その根本が面白いから映像化されるわけで、そう考えると原作超えというのは難しいですよね。
漫画は時間が無いので読みませんが、唯一「カイジ」というドロドロした漫画だけは読んでいます(笑)映画化してほしいような、漫画の世界観を崩して欲しくないような気分。
「デス・ノ-ト」もアイディアがいいですよね。
スピンオフ作品も楽しみ、今回も甘いものを食べるのかなと思ったりしました。
2007/08/18(Sat) 10:19 | URL | >パタリロさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック