運命の女 ★★★★

運命の女 [Blu-ray]運命の女 [Blu-ray]
(2011/09/07)
リチャード・ギア、ダイアン・レイン 他

映画の詳細を見る

 

 強風のなかの出会いとは対照的なラスト


 コニー役を演じるダイアン・レインが、若い男性との情事を帰りの電車のなかで思い出しながら顔を歪ませるシーンがある。彼女が本作でアカデミー主演女優賞にノミネートされた理由は、大胆な肌の露出ではなく、この辺りの細かな肌の震えだったのではないだろうか。

 不貞や不倫といった使いまわされたプロットでも今作が面白いのは、華やかな俳優陣がそれぞれ自然に立ち振る舞い演技をしているからだ。良き夫、良き父親として家族を築きあげたリチャード・ギアの設定は、男の目線から見ても同情を誘うもの。あれほど献身的に尽くしたのにあっさりと裏切られては、後半の言動も多少は納得出切る。逆にその献身さや経済的なゆとりがダイアン・レインの心の隙間を作りだしていたのかもしれない。不倫相手のオリヴィエ・マルティネスも相当な色男に映っていた。




*****以下、ネタばれ注意*****




 序盤の強風が吹き荒れるなかでの出会いのシーンはインパクトもありその演出が際立っていた。しかし、希望を口にする台詞とは裏腹に、まさにいま自首しようとする、暗い影を落としたラストカットが最も印象に残っている。信号機の色と夫婦間の心情を巧くシンクロさせている感慨深いシーンだ。
スポンサーサイト

14 Comments

hiro  

突然に失礼します。
ミクシの足あとから来ました!!

この映画の男性の意見で高評価がえ?と思って、
ダイアンレインが本当に素敵ですよね、
揺れ動く感情がこちらにひしひしと伝わってくる、
ギアも切ないし、悲しい・・
やはり、男性は許せないのでしょうかね
あの奥さんなら絶対に後悔して、遅かれ前の日常に
戻るのは確実なように思えるのに・・
ってコニーのこれからの行動を想像させるダイアンの演技が深いのですね!!

またこちらにお邪魔します。
私なかなか映画館に行きませんが、
映画は大好き!

この夏休みはめずらしく、300、ダイハード4.0、
アポカリプト観ました!

これから、DVDでエンジェルハート観ます
これはもうご覧になりましたか?

では

2007/08/18 (Sat) 17:20 | REPLY |   

>hiroさんへ  

hiroさん、はじめまして!!
コメントありがとうございます。

「運命の女」はたしかに世間的には評価は高く
ないのですが、なにか引っかかるものがありました。
男性から見るとリチャード・ギアが可哀想に映っていて。夫からのプレゼントを浮気相手に渡してたり…
でもダイアン・レインの気持ちも分からなくはないです。

あとリチャード・ギアは本人よりも、共演している女性が賞をとることが多くて、今作もそうですし「シカゴ」「プリティ・ウーマン」もそうです。
それも含めてリチャード・ギアが可哀想に思えて(笑)
今作では結構、良い演技しているように観えるんですが、不思議なことに評価されないんですよね。

「300」「ダイハード4.0」「アポカリプト」全部アクション映画ですね!!アクションものは僕も好きです。
「エンジェルハート」は前に鑑賞しましたよ。
暗闇の使い方・演出と展開に惹かれました。

もしよろしければ、hiroさんのお薦め作品も教えてください。

今後も出来るだけ更新していきますので、
どうぞよろしくお願い致します!!

2007/08/18 (Sat) 18:24 | EDIT | REPLY |   

ぴんこ  

足跡から失礼します~
アタシもこの映画が大好きデス!!!
日本ではあまり流行らなかったですけど・・・。
オリヴィェ・マルティネスにオオはまりでした^^

2007/08/18 (Sat) 18:59 | EDIT | REPLY |   

>ぴんこさんへ  

コメントありがとうございます。
オリヴィエ・マルティネスも、はまり役でしたね。
ダイアン・レインが強烈に惹かれる理由も分かります。
別の作品でオリヴィエ・マルティネスを観ても
今作の彼をすぐに連想させますね。

2007/08/18 (Sat) 19:18 | EDIT | REPLY |   

パタリロ  

よくこの映画を見つけてくれました。ダイアン・レインは若いとき、多分子役からのキャリアのあのある人とです。おおくの青春映画に出て、ある時からぷっつりと消息を聞かなかったのですが。この映画のあの強風のシ-ンで彼女は復活したと確信しました。男と女の関係は、理性では測れず、時にはマッチ・ポイントのような打算すら、仕方がないと認めてしまう不思議なものですね。今は平凡な主婦をやっていますが、その心情は理解できます。かなり前に見たので、もう一度見ます。ダイアン・レ-ンの足の美しさをもう一回観るためにも。

2007/08/20 (Mon) 01:53 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

今作のダイアン・レインは美しく、後悔する場面や悦びに浸る場面など、どれも自然に巧く観えました。
公衆電話からオリヴィエ・マルティネスに連絡をとっている最中、「コーヒーでも」と誘われたときに、既に手に持っていたコーヒーをそっと公衆電話の上に置く様子など好きですね。
若い時のダイアン・レインの作品はあまり観たことがありません。年齢を重ねても充分に綺麗ですよね。

2007/08/20 (Mon) 09:54 | EDIT | REPLY |   

パタリロ  

 前回の私のコメント、日本語の呂律の回っていない箇所がありましたね。すいません。猛暑のせいだとお許しください。ダイアン・レインの若いときの演技はもっと平坦でした。この映画の彼女は本当に美しく、上手いですね。

2007/08/20 (Mon) 17:49 | REPLY |   

>パタリロさんへ  

いえいえとんでもないです。
ダイアン・レインの若いときの演技…気になりますね。
この後の「トスカーナの休日」でも伸び伸びと演技していて魅力的でしたよ。

2007/08/20 (Mon) 23:25 | EDIT | REPLY |   

hiro  

ありがとうございます、

確かにギアは良かったですよね
浮気相手の青年の若さに驚く表情、
なんとか冷静に話をしようとする
あの一つ一つの動き方・・
一番切ない場面でした。

ラストでもしあの時タクシーに乗って返っていたら
という場面がありましたが、
ダイアンレインすごくきれいな笑顔でタクシーに乗りますよね、あそこもウルって来ました。
時間は戻せないから、辛いですね・・
どんな人にもあの時こうしていればと言う場面、出逢いがありますね、
恋人との濃厚な時間も素敵であればあるほどに
罪悪感は倍増して、苦しむ彼女が見ていられない感じでした・・・

今は何かHAPPYな気持ちになりたいので
お勧めありますでしょうか?

では

2007/08/21 (Tue) 19:09 | REPLY |   

>hiroさんへ  

リチャード・ギアとオリヴィエ・マルティネス
が対面した場面は記憶にありますね。
徐々に困惑していくリチャード・ギアの様子
は見応えがありました。

今作はダイアン・レインが再びアパートに行ってしまう、というのがポイントですね。
それが余計に後悔の念を増やす結果になっています。
理性で気持ちを抑えられなかった彼女の自業自得に
なりますが、観ていて辛かったです。

HAPPYな気持ちになる映画ですか!!
そうですね、最近なら断然「ホリデイ」。
有名ですが「アメリ」「ショコラ」
ちょっと古いですが「フライド・グリーン・トマト」
などもお薦めです。
気分が高まる作品って良いですよね!!

2007/08/21 (Tue) 21:38 | EDIT | REPLY |   

hiro  

早速の返答ありがとうございます!!
しっかりチェックして、週末楽しみたいと思います。

ホリデイ友達もお勧めだって言ってました(~o~)
映画は素敵ですね
自分も登場人物と重ねて笑ったり泣いたり、恋したり出来る、私の普通の?生活には無くてはならないものです。
ありがとうございました~!!

2007/08/23 (Thu) 00:54 | REPLY |   

>hiroさんへ  

ホリデイいいですよ。
是非、楽しんで鑑賞してください!!

2007/08/23 (Thu) 19:05 | EDIT | REPLY |   

ポポ  

突然、失礼します。
オリヴィェ・マルティネスにメロメロです!
カイリー・ミノーグがハマッてしまったのも無理はないでしょう。。。
[S・W・A・T][テイキング・ライブス]←(コレはイーサン・ホークが見たかった。)も見ました。本当に色んな顔を持った俳優さんで、これから楽しみですね。

ダイアン・レインも頑張ってますね。[パーフェクト・ストーム]でも、存在感ある役所で、あぁーこの人戻ってきたのね。って思いました。

また、お邪魔させていただきますね。

2007/08/23 (Thu) 20:51 | REPLY |   

>ポポさんへ  

コメントありがとうございます。
この映画の魅力は、どの役者も役柄と実際の
イメージがぴったりと合ってることでしょうね。

オリヴィエ・マルティネスも憎めない好青年でした。
ワイルドな印象もあり、一方で本の転売をするなど
知的に映る一面も。不思議なキャラクターが
ダイアン・レインや多くの観客を魅了したのだと
思います。
オリヴィエ・マルティネスの今後にも期待したいです。

ポポさん、今後ともよろしくお願いします!!

2007/08/23 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

Designed by Akira.

Copyright © 映画ノスタルジア ~映画館・DVDで観たおすすめ作品の感想・評論~ All Rights Reserved.