ヒート コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]ヒート コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
(2012/09/26)
アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ 他

映画の詳細を見る



 アル・パチーノを好きになったのは「ゴッドファーザーPartⅡ」を観たのがきっかけだった。苦悩し深くソファーに腰掛ける姿、水を飲むしぐさ、右肘をテーブルに置いて煙草を吸う様など、その一挙手一投足にしびれたものだ。

 しかし「ゴッドファーザーPartⅡ」において称賛を浴びたのは、若き日のヴィト・コルレオーネを演じたロバート・デ・ニーロだった。デ・ニーロは新人ながらアカデミー助演男優賞を獲得し、アル・パチーノはノミネートに終わってしまう。その因縁めいた共演から十数年の時を経て、2人の名優が再び対峙する。それは俳優というカテゴリーを越えて、1人の人間としてのプライドを賭けて望む勝負でもあるのだ。

 「ヒート」に限定した対決であれば、ロバート・デ・ニーロのほうに分があったように思える。プロの強盗として画面に映った瞬間から、ただならない危険なオーラを放っていた。会話の途中でも、常に周囲を警戒する目線使いなどはもはや演技ではなく、デ・ニーロの本能がそうさせているかのように自然なもの。微かな物音で作戦を中止したり、一夜を共にした女性にそっと水を置いて帰る姿など、細かな演出が人物像や物語を広めていた。アル・パチーノの孤独なロス市警役も悪くはなかったが、展開・設定を含めてデ・ニーロが美味しい部分を頂いていたような気がする。

 今作1番の見せ場である市街地での銃撃戦は圧巻だった。まずハンドガンではなく、アサルトライフルで(アル・パチーノがFNCをロバート・デ・ニーロがM16)激しく撃ち合ったということ。また他の安いアクション映画と違うのは、走りながらではなく、車や柱に隠れ、止まった状態でサイト越しに狙いを定めて発砲することを徹底していたこと。アル・パチーノが走りながら車に身を潜め、徐々に追い込んでいく様子、連動するカメラワークは感動ものである。銃撃音が本物であったりと、発砲する際の反動が伝わってくるほどにリアリティのあるシーンだった。
 
 主役の2人も素晴らしいがアクションシーンでは、デ・ニーロの右腕役であるヴァル・キルマーが目立っていた。ライフルの構えが格好良く、市街地戦の際には発砲→装填→発砲、これらの動作を1カット内に行うのだがとにかく早い。彼が役者として輝いていたのは「バットマンフォーエバー」でも「トップガン」でもなく今作のクリス役ではないだろうか。

 LAを知り尽くしているマイケル・マン監督の美しい映像の数々、多くの名優が揃い質の高いアクションを繰り広げる。「ヒート」は今後も長く語り継がれる作品となりそうだ。


■関連作品■
ゴッドファーザー ★★★★★
ゴッドファーザー Part3 ★★★
オーシャンズ13 ★★★
マイアミ・バイス ★★
コラテラル ★★★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
こんばんわ (またも りさこ・・笑)
私は アルパチーノは 「狼たちの午後」が 好きです(シブい?)
ゴッドファーザーの フレド役の役者さん(名前忘れました) と 銀行強盗(実話に基づいたやつですね)の
お話のやつです

もちろん ゴッドファーザーも 半年に1回見直します・・but うかつなことに 「ヒート」見た覚えが
ないのです さっそく 明日 借りにいってきます

私の心のなかでは アルパチーノは 「おやじ」で
デ・ニーロは 「アニキ」と勝手に 呼んでいます
どちらも 大好きな 役者さんです・・

ほんとうに 映画って いいですよねっ
(M野H雄 みたい)






2007/08/23(Thu) 22:30 | URL | りさこ | 【編集
こんばんは、コメントありがとうございます。
僕も「狼たちの午後」好きですよ。DVD持ってます!!
あの作品のアル・パチーノは若いですし、フレド役の
ジョン・カザールとの共演も見逃せない要素です。
銀行の表に出て、野次馬に向けて叫ぶシーンが好きですね(ベタですが)

ゴッドファーザーを観直すというのは、僕もします。ただ、時間がないので気にっているシーンだけ。PART2のラスト10分くらいが最高です!!

アル・パチーノもデ・ニーロも好きな、りさこさん
ならば「ヒート」は絶対に楽しめますしお薦めします。
「おやじ」「アニキ」の呼び名は面白いですね(笑)
2007/08/23(Thu) 23:08 | URL | >りさこさんへ | 【編集
初めまして。

マイケル・マン監督はかなりの武器マニアらしくディテールにこだわりますよね。
以前TVドラマでマフィアのヒットマンの役にさえ射撃世界選手権クラスの人を採用したほどです。
2007/08/24(Fri) 08:45 | URL | 博 | 【編集
はじめまして!!
コメントありがとうございます。

マイケル・マンはその道のプロを描きましすから、
監督自身も細かなところにこだわるんでしょうね。
かっこいい銃でも機能的ですし、知識が豊富なんだと
思います。

それにしても、TVドラマのヒットマン役にそこまで
してしまうとは...すごいですね。
その職人肌的なところがまた魅力です。

博さん、今後ともよろしくお願いします!!
2007/08/24(Fri) 19:31 | URL | >博さんへ | 【編集
こんばんは~^^
デ・ニーロもアル・パチーノも大好きなのに何故か「ヒート」は観てなかったんですよね(´;ω;`) 
明日、早速借りに行ってみます^^
アル・パチーノの「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」も静かな映画ですがダンスのシーンは感動しました^^
2007/10/06(Sat) 18:04 | URL | 春乃 | 【編集
春乃さん、こんばんは!!
アル・パチーノも好きだったんですね。
「セント・オブ・ウーマン」は僕も好きな映画ですよ。
ダンスシーンも記憶に残ってますし、感動しました^^
「ヒート」はお薦めなので、楽しんで鑑賞してください!!
2007/10/06(Sat) 20:29 | URL | >春乃さんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック