ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディションハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディション
(2007/08/24)
ギャスパー・ウリエル;コン・リー;リス・エヴァンス;ケビン・マクキッド;ドミニク・ウェスト

映画の詳細を見る



 ハンニバル・レクターという人物のブランドを下げる作品


 ハンニバル・レクターの過去、どのようにして人喰い殺人鬼が誕生し豹変したのか、その過程が今作で明らかになる。「羊たちの沈黙」等を鑑賞したことのない人でも、シリーズの原点にあたるため、スムーズに物語に浸れるのがポイント。しかし、初めてレクターに触れた人でも、長年のレクターファンでも今作はおそらく楽しめない出来だったのでは。

 まず序盤の戦争のシーンが延々と続き退屈であること。後からフラッシュバックの演出があるのでそれらを利用し、最初の方に見せ場をもってきたほうが良かったように思う。レクターの人格に影響を与えたと言われる日本文化の描き方も、乱雑で説明不足。屋外での剣道や屋敷の地下にいきなり甲冑があるのは違和感を覚える。またレディ・ムラサキを演じるコン・リーの台詞と行動が矛盾しており、どうにも物語に没頭できない。

 ハンニバル・レクターの言動に余裕がないのは、若さ故に仕方のないこととして、1番駄目だったのは妹の復讐の対象人物がいたって普通の人だったということ。過去のシリーズを振り返ると、チルトン、パッツィ、ヴァージャー、クレンドラ等、キャラクターに色があってこそ、レクターの料理が美味しくなるのだから、凡人をターゲットにしてもただの殺人で不味いだけである。

 「スター・ウォーズ」「バットマン」に見られるようシリーズの原点を製作するのは、名キャラクターにさらなる深みを加える好手段になるが、同時に傷をつけるというリスクも兼ね備えている。「ライジング」は明らかに後者だ。


■関連作品■
ハンニバル・ライジング ★
レッド・ドラゴン ★★★
羊たちの沈黙 ★★★★★
ハンニバル ★★★★
マイアミ・バイス ★★
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
こんばんはです(≧∇≦)!mixiの足跡からたどってきました!

私も「羊たちの沈黙」からのレクター博士ファンで、
食べるのに理由なんて要らない><!って思いながら観てました。

ハンニバル役の人は、思っていたよりもアンソニーホプキンスのハンニバルに近くて、それは良かったかなと思います。

でもとりあえず私の中では待ちに待ってた羊シリーズなので
気に入ってます。

噂では「羊たち」と「ライジング」の間にもう1個?お話がありそうなので、
それも楽しみにしてますよ(≧∇≦)。
2007/08/31(Fri) 03:12 | URL | こよろ | 【編集
こよろさん、コメントありがとうございます!!
僕もレクターファンで、食べる理由は要らない、明かさなくていいのに、と思いながら鑑賞してました。
秘めた部分があるから魅力もあるわけで、何にしても語り過ぎは良くないと思います。

ギャスパー・ウリエルは巧かったですね。
レクターシリーズではないと割り切って観ると
そこそこ楽しめるかも。

ライジングの続編の噂も聞きますね。
今作の出来を踏まえると期待は出来ないですが、
なんだかんだで鑑賞してしまうでしょうね(笑)
2007/08/31(Fri) 19:34 | URL | >こよろさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
ハンニバル曖昧さ回避?映画『ハンニバル』と古代の武将ハンニバルの記事が完全に混ざった状態のようですので、ここを曖昧さ回避のページにして、それぞれの記事の内容をハンニバル・バルカとハンニバル (映画)に振り分けるように変更しませんか? 2004年8月1日 (日) 09:2...
2008/01/05(Sat) 07:14:52 |  かんなのblog